体育会王道の就活と異なる就活を選んだその理由とは

「体育会」と聞くと、多くの人が商社や銀行、証券会社、大手メーカーに就職するというイメージを持つ人も少なくないかもしれません。そのような中で、今回は、大学生活を全て体育会に注ぎながらも、大企業ではなくベンチャー企業に就職し、その後、当時社員数が4人のスタートアップである株式会社フロムスクラッチに転職された峰岡健人さんを取材しました。

前編では峰岡さんの、学生時代の体育会での経験、そして体育会学生王道の就活と異なる就活に関してお話いただきました!

/////////////////////////

株式会社フロムスクラッチ    峰岡 健人さん

一橋で一番キツい体育会を求めて

学生時代は体育会一筋だったと伺っているのですが、そもそも何故一橋大学に入学されたのでしょうか?

峰岡  かなり遡ると、僕が生まれたのが国立病院で、小さい頃から親と一緒に一橋大学周辺をよく散歩していたんですよね。それもあってか、一橋に入ったら親を喜ばせられるのではないかな、と本当に薄っすらではありますが思っていました。もちろん、そのようなことを中学生、高校生のときにずっと思っていたわけではないのですが、いざ志望大学を決める際に一橋大学がすっと入ってきた感じです。

ー過去のルーツが面白いところで影響しているものなのですね。大学時代を体育会での活動に費やそうと思ったのは、どういった経緯なのでしょうか?

峰岡  そもそも生き方として、文武両道で生きたいと考えていました。特に明確なロジックがあったわけではないのですが、勉強もしくはスポーツのどちらかに偏った人間になりたくなかったのです。単純に器の小さい人間になってしまうのではないかという、感覚的なものです。文武両道の文の部分は、今考えると非常に浅はかですが、一橋大学に現役で入学できたところである程度満たされたのではないかと思い(笑)、次は武の部分を満たそうと思いました。元からストイックにやることが好きだったこともあり、新歓では、『一橋で一番キツい体育会はどこですか?』と聞きまわっていましたね(笑)。その結果、ラクロス、ボート、アメフトの3つが特にキツいことが分かってきたので、その3つの体育会のコンパに行き、最終的にはアメフトを選びました。

ーなぜアメフトを選ばれたのでしょうか?元々高校時代にやってらっしゃったのですか?

峰岡  いや、高校のときは、スポーツは全くと言っていいほどやっていなかったです。アメフトのことも何も知りませんでした。ただアメフト部は、コンパの際に、先輩から覚悟感のようなものがひしひしと伝わってきたのです。4年生は皆坊主というか、スキンヘッドでしたから(笑)だからアメフトを選んだんですよ。

ー入学時にそのようなキツい体育会に入部する一橋生は一定数いますが、多くの人が途中でやめていくと思います。峰岡さんが最後まで続けられたのはなぜなのでしょうか?

峰岡  特に12年生の時は正直な所、毎日のようにやめたいと思っていました。当時は国立から小平に練習に向かう途中で「車に轢かれないだろうか。練習の痛みよりも、交通事故の痛みの方が痛くないのではないか」と思ってました(笑)。それでも続けられたのは、「一度やりはじめたことを途中でやめるのは格好悪い」というと聞こえはいいですが、もう意地ですよね(笑)

一方で、練習はキツかったものの、組織の風土やカルチャーが良かったんです。大学生活のプライベートを全てかなぐり捨てて、アメフトだけを真剣に取り組み、全員で勝ちに行く姿勢。そのような勝ちを第一に考える、首尾一貫した雰囲気が好きでした。

最後に、ジャイアントキリングのような境遇であったことでワクワクできました。当時のクリムゾンは関東2部に所属していて、1部との入れ替え戦で負け続けていました。1部に昇格するということが、先輩たちの積年の思いとなっており、皆が1部に昇格するために尋常ではないほどのコミットメントでした。例えば、汚い話になってしまいますが、先輩は走り込みしながら嘔吐してました。合間合間に吐くのではなく、ほんとに走行中に吐いてました(笑)。『下克上してやる』という空気が組織を覆っていました。そしてついに、僕たちが1年生のときに1部に昇格したのです。

1部には高校生のときからずっとアメフトをやっていた強豪校がたくさんいました。でもそのような環境下で、高校生のときはずっと勉強していて、大学からアメフトを始めたような人間が挑むという『逆境』が面白かったのです。僕が2年生のときは1部で1度も勝てなかったのですが、3年生のときに日本体育大学に勝利し、クリムゾン史上初めての1部勝利を手にしました。あのときはめちゃくちゃ気持ちよかったですよ!

体育会学生の王道就活ではない就活

ー部活漬けの大学生活だったようですが、就職活動はどうされたのですか?

峰岡  4年のときは幹部だったこともあり、就職活動をすることでアメフトを中途半端にしたくなく、5年目は自分で学費を払うと親を説得して、5年目に就職活動を行いました。最初は体育会特有の就職活動のやり方でした。練習終わりの時間に、『飯でも行くか』ってスーツ姿のOBの方が小平グラウンドにまで来てくれるんですね。そこで、働くとは何かとか、就職活動に関して教えてくれたり、セミナーの予約をしてくれたりと、就職活動に関する支援をしてくれました。ま、今考えるとただのリクルーティングですが(笑)先輩が来てくれて、尚且つ、来てくれる会社も名立たる大企業ばかりだったので、自分たちから外に出ていく必要性を余り感じていませんでした。徐々に学内企業説明会に行ったり、外部のセミナーに行ったり行動範囲を広げていきました。そうする中で、限られた企業のみを見ていて、自分の中で世界がすごく狭くなる感覚を持ちました。そこで原点に帰って自分のキャリアに関して再考したのです。

ーその結果、どうなったのですか?

峰岡  将来教育に携わる為にはどのようなキャリアを歩むべきか?ということを起点に考え始めましたね。元々、母親が塾を経営しており、そこで採点などのバイトをしていました。その経験を通じて、小さい子供に教えるということは面白いしやりがいがあるなと感じていたのです。大手企業を見る傍ら、教務課に行き、教職課程の申込書類もらって来る程、真剣に考えていました。民間の企業に就職するのか?教職をとって教師になるのか?どちらにしようか、解が出ませんでした。そこで20年以上教育に関わってきた母親に相談したのです。今までの人生の中で、母親に将来のことを相談するのは初めてだったかもしれません。

母親が言っていたのは『20年以上、ずっと不安に思っていることがある。それは受験のためだけの支援をしているだけの存在になっていないか?』ということでした。それを聞いて、「大学を出て直ぐに教員になるのは違うな」と。多くの子供たちが、将来学校を卒業した後はビジネスに携わります。であれば教育の使命はビジネスの世界で活躍できる人材を輩出することであり、自分が最初から教員になってしまうと、英語、国語、数学などの科目を教えるだけの教員になってしまい、自分の考える教育の使命を達成できないと考えたのです。だから教育はビジネスのことを知っている人間がやるべきだと思いました。

そこから思考を深めていく中で、自分自身がビジネスのことを0から100まで知っている人間でなければ、教育に携わる資格がないのでは?と考える様になり、ベンチャー企業を見始めました。ベンチャー企業なら、経営に近い立場でビジネスを俯瞰でき、実際に起きる生々しい会社の中の動きなどを見ながら学んでいけると。そこで当時200人程度、コンサルティング会社というよりは成長ベンチャーと捉えられていたリンクアンドモチベーションに新卒で入社することに決めました。アメフト部の同期は『何そのうさんくさい会社』という感じでしたね(笑)

/////////////////////////

この記事が気に入ったら
いいね!しよう