日本トップ経営コンサルに勤めていたOGに根掘り葉掘り聞いてみた

サムネイル画像のチャーミングな笑顔につられて思わずリンクをクリックしてしまった人も多いのではないでしょうか。
そんな見かけの柔らかい笑顔とは裏腹に、この方、実は日本トップ経営コンサルティング会社でバリバリ勤務した後、どベンチャー企業に転職したという少し変わった経歴を持っているのです。
前編では、普段なかなか聞くことのない、若手コンサルタントの実態について色々教えていただきました!

 


松見咲子さん
2012年一橋大学社会学部卒業。
新卒で入社した野村総合研究所にて
経営コンサルタントとして4年間勤務した後、法人向けのクラウドサービスを展開するベンチャー企業へ入社。
1年間勤務し、今年5月末に退社。

 


〜コンサルを目指した理由〜


ー今日はよろしくお願いします。簡単に自己紹介をお願いします!

松見 2012年に社会学部を卒業して、野村総合研究所(以下NRI)で経営コンサルタントとして丸4年間勤務していました。その後、法人向けのクラウドサービスを展開するベンチャー企業へ転職して、1年働いたのですが、その会社を先月末で退社しました。とりあえず次の会社は決めていなくて、今はゆっくりこれからどうするか考えている最中です。

ー学生時代のお話から伺っていきます。まず、新卒でNRIに入社されたとのことですが、どうしてコンサル業界を目指されたのでしょうか?

松見 実は、別にコンサル業界に絞っていた訳ではなくて、就活の時は業種を絞らずにまずは説明会に行って、面白そうだったら深掘るということをしていました。入社したいと思った会社も、NRI、旭化成、リンクアンドモチベーション、マースジャパンという分野的には関係のない会社たちでした。

その中でもNRIは、インターンに参加した時に、社員の方がすごく真剣に自分の想像を超えた視点からフィードバックをしくださり、この会社であれば間違いなく成長できると思って入社しました。

 

〜仕事は何をやるかより、誰とやるか、どうやるかが大事〜


ー「業種を絞らずに」というのは何か理由があったのでしょうか?

松見 私の中で、学生時代に常見陽平さんと出会えたことがすごく大きくて、常見さんが「仕事は何をやるかより、誰とやるか、どうやるかが大事だ」ということを仰っていたのですが、就活の時はとてもその軸を大事にしていました。もともと、就活といえばみんな業界から絞り込んで見ていくイメージだったのですが、そうじゃない見方もあるんだと思って、目から鱗だったんですよね。

 

ー今ものすごく有名になられてますよね!どういうきっかけで知り合われたのでしょうか?

松見 出会ったのは2年生の頃で、私はキャリアデザイン委員会に入って活動していたのですが、委員会のメンバーが常見さんを講演者としてお呼びしたんです。当時常見さんは『就活のバカヤロー』という本をペンネームで出版されたばかりの頃でした。そこから、常見さんと仲良くさせていただくようになって、一緒にイベントを組んだりしていました。

一橋生って、就活の時に初めて将来について考え出す人が多くて、なんだかんだ頭はいいから大企業に入れちゃうのですが、色々考えずに最初から大企業しか見ずに将来を決めてしまうのはもったいないと思っていて、ちょっと変わったキャリアの人を呼んだりしてました。普段講演会に来ないような人にこそ足を運んで欲しくて、『一橋炎上なう!』っていう刺激的なタイトルをつけて、中川淳一郎さんと常見さんに二人でトークしてもらうイベントを開催したこともありました。

 

ーHITPORTも正にそういった理念で活動しています!笑 2年生の頃からキャリアについて意識し始めていたのですか?

松見 もともと、入学時点では全くビジネスに興味もなかったですし、「大学を出たら人生の終わりだ」ぐらいの勢いで社会人に良いイメージも持っていませんでした。ただ、大学時代はあえて苦手なことにチャレンジしようと決めていて、2年生の時にキャリアデザイン委員会に入りました。

というのも、ある時、周りに社会人の知り合いも全くいない状況で、完全に感覚だけで社会に悪いイメージを持っているなということに気づいたんです。本当に楽しくなかったら社会に出ない生き方を選べばいいし、とりあえずキャリアデザイン委員会に入って社会のことを知ってみようと思いました。

 

〜コンサル時代のやりがい〜


ーなるほど!学生時代の活動がキャリア選択に繋がったんですね。それでは、NRIに実際入ってみてどういった点がやりがいでしたか?

松見 お客さんが答えの出せていない課題について、ホワイトボードの前で何時間も議論するんです。時には気づいたら朝になっていたなんてこともあるのですが、最終的に上手く整理できた時の、あの達成感と、それをプレゼンしてお客さんに驚いてもらえた時はやりがいを感じましたね。

後は、国の政策立案プロジェクトといった、大きな仕事に参加して、一流の人と一緒に仕事できたのはいい経験だったと思います。その頃に知り合った人とは今でも繋がりがあって、転職を考えているなら会いませんかって連絡頂いたりもするんですよね。

ー何か、学生の頃に予想していなかったギャップはありましたか?

松見 良いギャップから行くと、本当に裁量労働だったという点です。完全フレックス制なので、忙しい時は土日も出社したり、徹夜や週3タクシーで帰宅する時期もある一方で、忙しくない時は、極端な話出社しないでも良かったりするんですね。もちろん、その分自分で管理できないとプロジェクトの炎上に繋がったりするのですが、やることさえやっていれば、特に縛りもなく自由に働けるというのはとてもやりやすかったです。

また、入社1年目のうちから、プロジェクトの最終報告でプレゼンさせてもらったり1人でインタビュー調査に行ったり、お客さんと2人で海外出張させてもらったりと、思っていた以上に色んなことにチャレンジさせてもらいました。ちなみに初海外出張先はエジプト・モロッコでしたが、出張で色々なところに行けるのも楽しかったですね。


〜理想と現実の間で〜


ー逆に、あまり良くなかったギャップは何でしたか?

松見 私がコンサルに抱いてた理想と現実で違った点が、本当に顧客のためになる提案とお客さんが求めてる提案は違う場合もあるということでした。結局、会社の意思決定って思っているより合理的じゃない理由でされていたりもするんですよね。例えば、社長のこういう意志通りに進めるという前提があり、そのエビデンスが欲しいから調査をして欲しいであったり、逆に、社長に物申したいことがあって、直接は言いにくいのでコンサル会社を使おうとか。

1年目の時は、本質的に考えたらこっちでしょと思うことが多々あって、上司によく言っていたのですが、「確かにそうなんだけど、お客さんからはこういう約束でお金をもらってるから」って採用してもらえないんですよね。ある意味当たり前なのですが、ビジネスってこういうものなんだって痛感しましたし、学生の頃には見えていなかったギャップでしたね。

 


松見
 
もちろん、そういったプロジェクトを積み重ねてお客さんとの関係を長く作っていくことで、上流の本質的な仕事をお願いされるようになることもあるのですが、そこまで到達するにはすごく時間がかかりますし、若手で実感することはなかなか難しいと思いますね。

後は、プロジェクトの最終報告であるべき姿の提案をした時はとてもお客さんに喜んでもらえたのですが、しばらくして蓋を開けて見たら結局社内の事情で頓挫していましたというような、本当にペーパーを提出して終わったケースも多かったです。さっき話した理由で、お客さんからすると紙をもらうことが重要だったりするのでビジネスとしては十分成立してるのですが、徹夜して作ったのに残念だなという思いは拭えなかったですね。

〜本当に戦略立案に関われる?〜


ーコンサル業界について調べていると、逆に実行の部分まで責任を持つタイプのプロジェクトもある様なのですが、NRIのような戦略コンサルでもその流れはありましたか?

松見 NRIも他の大手コンサルファームも、最近は川下(*川の流れに例えて、戦略を立てるフェーズを川上、実行するフェーズを川下と呼んだりする。)の方までカバーしつつあると思います。今の時代、事業会社にもMBAホルダーや元コンサルタントが沢山いるので、戦略立案は社内でやることも多いです。

ただ、実行フェーズとなると、時間や手間がかかったり、社内の人がやると角が立つ様なことは絶対に出てくるので、そこを外部に委託したいというニーズは無くならないんですね。でも、川上の方に携わりたくてコンサル会社に入社した人にとってはやりたかったこととのギャップを感じることになりますね。

 

〜コンサルタントの転職事情〜


ーずっとコンサルにいる人は少ないイメージなのですが、やはり転職する人は多いのでしょうか?

松見 川上から川下まで一貫して取り組みたい人など、コンサルではもどかしくなった人は転職する場合が多いですが、若手のうちに転職するかどうかで二極化する気がしますね。大企業のトップの人と会えたり、若手のうちから自分で考えさせてもらう機会が多く、給与などの待遇も恵まれているので、働き方がフィットすると居心地が良くなってなかなか辞められなくなる人もいますよね。

また、30歳を超えてコンサルしか経験がないと、転職市場的にもコンサル以外の選択肢がなかなかなくなってきてしまったり、待遇面が見合わなかったりするみたいで、30歳前に転職するかどうかが一つの分かれ目みたいですね。もちろん30歳以上で転職される方もいますが、大企業の幹部クラス等かなりハイレベルな転職だったりして、門戸はかなり狭いのではと思います。

ー逆に、20代であれば転職市場的には価値があるんですね。

松見 若手のうちから大企業の上層部の人との会議に同席プレゼンさせてもらったり、インタビューやアンケート調査、データ分析といった、オペレーションレベルでのスキルも身につきますし、今やっていることがお客さんにどう価値があるのかを徹底的に考えるくせもつきます。

また、私は官公庁や様々な業界の企業をクライアントとしたプロジェクトに携わらせてもらいましたが、なかなか一事業会社にいるだけでは経験できない幅で視野を広げることができると思います。20代であれば、大体のことは器用に出来るけれど変に色も着いていないので需要はあると思います。

ー色んなことを経験できて、潰しのきくスキルも身につきそうだからコンサルに行く学生も多い気がしますが、その想定は全然間違いではないんですね。

松見 今まではそうだったと思います。でも、最近は川下寄りのプロジェクトが増えてきていたり、川上から川下まで一貫して経験できるとも限らないので、若手のうちに実務的なスキルは身についても、経営を俯瞰したり課題の全体像を把握できる保証は必ずしもないというか。

ですので、もし戦略から実行までを一通り経験したかったり、自分でPDCAを回すようなことがしたい場合は、今から就職するのであれば、逆にコンサルではなくて、メガベンチャーに入ってどんどんプロジェクトを回した方がいいかもしれないですね。

 

/////////////////////////////////

前編では、コンサル時代について色々と伺いました。後編では、松見さんがベンチャー企業に転職した理由やその後についてお聞きしていきます!

///////////////////////////////

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で