「牛丼屋のバイト時間がもったいないからエンジニアになった」!? 〜エンジニアとして挑戦を続ける一橋OB〜

「エンジニア」と聞くと、皆さんはどんな印象をいだくでしょうか。「バリバリの理系で、一橋には関係ない話だなぁ」というようなものが多いのではないでしょうか。そうした常識に一石を投じるため、本日は一橋在学中からフリーランスとして活躍されていたソフトウェアエンジニアの我妻さんからお話を伺いました。

 

 

我妻謙樹さん(24)
一橋大学社会学部入学後、複数のインターンやフリーランス活動を通してプログラミングにのめり込む。第一回ITドラフト会議 にてリクルートやクックパッドから指名を受ける。
2015年卒業後にソフトウェアエンジニアとしてリクルートホールディングスに入社し、2016年12月よりベンチャー企業のビットジャーニーにて働く。

 

ー本日はよろしくお願いします。早速ですが、プログラミングを始められたのはいつ頃だったのでしょうか。また、きっかけはどのようなものでしたか?

我妻 よろしくお願いします。時期としては大学入ってすぐですね。入学してまず学費を稼ぐために牛丼屋やユニクロ、引っ越し業者などのバイトを掛け持ちしていたんですが、働くために時間を取られて勉強に時間を割けず本末転倒だったんです。そこでどうせ時間をかけて働くなら新しいことを勉強しながら働きたいと思い、フリーランスで稼ごうと思って、まずは本などを用いて自学でグラフィックデザインを勉強しました。いわゆるPhotoshopやIllustratorを使ってちょっとしたポスターやアイコンを作ったり。

その過程でwebサイト制作やwebデザインを扱っていく中でプログラミングを学び始めて、「あ、これめちゃくちゃおもしろいな」と。このおもしろいものを仕事にできたらいいなと思い、将来プログラマーとして働きたいと思ったので、ソフトウェアエンジニアとしてプログラミングをOJT(On the Job Training)で学べる場として、一年の終わり頃にインターンを始めました。

 

 


ーきっかけはバイトをしていて「時間が惜しい」と感じたことだったのですね!独学からインターンに切り替えられた理由はあるのでしょうか?

我妻 ええ、いくつか。まず、フリーランスの頃はクラウドソーシング(企業がネットを用いて不特定多数の人に業務を外注するサービス http://www.webcreatorbox.com/webinfo/crowdsourcing/)) などを通して仕事を受注していたんですが、クラウド上だと情報のやり取りやつくるモノのイメージの共有などで結局時間がかかるんですよね。それから、これはプログラミングに限った話ではないですが、私は学習にはフィードバックが必須だと思っています。

何かのコードを書いてそれを他人に見せて評価をもらう。独学でも今ならオンラインで例えば全く見ず知らずの海外の人からコメントをもらえたりするんですが、やはりOJTであればメンターを見つけられて、その人に直接教えを乞えますからね。

ーありがとうございます。それでは、デザインからプログラミングに移った理由として先ほど「めちゃくちゃおもしろかった」と仰っていましたが、もう少し詳しく理由を教えていただけますか?

我妻 う~ん、理由は挙げようと思えば思いつくけど、つきつめると分からない(笑)やっている時が一番時間を忘れて熱中してたってところでしょうか。あえて理由を挙げるとすれば、プログラミングは日々新しいツールや概念が生まれるので知的好奇心が常に刺激されることはありますね。新しいことを学ぶのは楽しいことじゃないですか。

それからモノをつくる喜びですね。木材で家具をつくるような、0から1をつくる感覚を感じられやすいんですよ。そうしてつくったモノを人に見せて喜んでもらえたりすると嬉しいですね。

 

ープログラミングが好きということがよく伝わってきました。では大学時代はプログラミング中心の生活だったのでしょうか。他に何か積極的に取り組んだ活動はありましたか?

我妻 プログラミングと並んで学業が中心でしたね。昔から国連職員になることを考えていたので様々な学問に触れ、元々興味を持っていた社会福祉関係の猪飼ゼミに所属したりしましたが、プログラミングが面白かったのでそちらに進みました。

一橋の社会学部を志望した理由が、「将来の可能性を狭めたくなかった」というものでしたので、様々な学問に触れた上で自分の将来を選択できたのはよかったと思います。

ーその後、どのようにリクルートへ就職することになったのですか?就活はされましたか?

我妻 就活はして、実際にいくつかの内定はいただいたんですが、その過程で企業の求める人物像に自分を寄せている気がして…。やっぱりこの画一的な就活はおかしいと思い、自分のなりたい姿を見つめ直して、プログラマーとして価値を発揮していこうということになりました。その結果としてリクルートへ入社することとなったのですが、就活して入ったわけではないです。

三年のはじめ頃にLife Is Tech*主催のITドラフト会議というのがあって、それの第一回に参加してクックパッドやリクルートから指名をいただいたんですね。そのご縁でクックパッドでインターンを始めて、リクルートから人や会社を紹介してもらいました。

 

*株式会社 Life is techが主催する、Yahoo!やMicrosoftといったIT企業が一堂に会し、学生をプレゼンをもとにスカウトするイベント。我妻さんが参加した回の動画がコチラ

 

すごいですね…クックパッドとリクルートでリクルートを選んだ決め手というのは何だったのでしょうか?

我妻 ええ、実はものすごく悩んだんです。クックパッドの人たちにはお世話になったし、エンジニアという文脈ではクックパッドという組織は学びが多い環境だし。一方でリクルートという会社はとにかく謎だった。事業もいっぱい持っていて、最近ITにも力を入れている。そうした、未知の世界、リスクや謎があるのが面白いと思えたんです。さらには、そこで実際に働いている人や入社が決まった人たちと話す機会をもらった時に、例えばコーヒーショップを経営している人とか、様々なバックグラウンドを持っていて非常に知的好奇心が強い人たちだったんですね。

 


それをうけて、この人たちと一旦ともに働いて切磋琢磨したいと思った、というのが一番大きいかもしれないです。将来的にはクックパッドのような組織でエンジニアとして価値を出していくにしろ、新卒ではいろんなことを吸収できる環境に身を置くのもいいかなと思って、リクルートはそれに向いていた、ということですね。


ー「いろんなこと」といいますと?

我妻 例えば先ほど挙げたようにリクルートは多様な事業をもっていますし、それから自分は大企業に向いていないなとは思っていたんですが、そういった組織がどんなバランスで動いているのかを知っておくのは将来の糧になるかと思って。あとは単純にエンジニアとして話していておもしろい人たちが多かったですね。

 


ーなるほど。それではなぜ12月からスタートアップに行くことにされたんですか?

我妻 理由は三つありますね。一つ目はそのチームの人たちと一緒に働きたいと思ったことです。実はビットジャーニーという会社はクックパッドでお世話になった方々が立ち上げた会社なんです。元々エンジニアとして、尊敬できる人たちで、一緒に仕事できたら滅茶苦茶楽しいだろうなあと思っていたら、社長から声をかけていただいて。これが一番大きかったですね。

次に、サービスの「世界中のモノ作りを情報共有を通して支援する」というミッションに非常に共感しました。最後に技術的な挑戦があったことです。サービスが拡大してユーザーが増えていく中でどうパフォーマンスを向上させていくか、どういう機能を追加していくか。そういったことにワクワクしました。

ーこれから、どんなことをしていきたいですか?

我妻 自分のミッションとしては、「自分の身の回りの人たちを幸せにし続ける」ということを考えています。これまでは、プログラミング自体に楽しみを感じていたんですけど、これからはそれに加え、世界のために、自分の回りの人たちに価値を提供して喜んでもらう。そうしたことをプログラミングを通してやっていきたいです。

 

/////////////////////////////

前編では我妻さんがプログラミングと出会い、自分のやりたいことをみつけていく過程とその背景を伺いました。きっかけは意外にも「バイトをしていて時間がもったいない」と感じたというもの。同じことを感じている人も多いのではないでしょうか。そこから自分の好きなものを見つけそれを突き詰めていく我妻さんのお話から学べることは多いでしょう。

後編で「テクノロジーと文系」という観点から、これからの学生へ向けたお話を紹介します。

 

 

/////////////////////////////

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう