急成長ベンチャーで新規事業マネージャーをしているOBがいたので、ちょっと話を聞いてきました ウォンテッドリー株式会社 逆瀬川光人 後編

編では、楽天からスタートアップに転職した理由、大企業とスタートアップそれぞれで新規事業をつくることのメリット・デメリット、をお話いただきました。
後編では、上場前後の伸びてるスタートアップだからこその魅力とは何か、迫りました!

前編はこちら

大事なのは、「打席数」と「一打席の規模の大きさ」

ーウォンテッドリーに転職されましたが、転職の際には、もう少し大きいメガベンチャーみたいなところとも迷われたりしましたか?

逆瀬川 もちろん、他の会社も候補にありました。でも、諸々比較してみると、ウォンテッドリーぐらい、組織が未完成であるところの方が、自分の与えられるインパクトは大きいし、個人のキャリアにとっては良いかなと思いました。裁量権とか自由度は間違いなくあるだろうし。そもそも、整いすぎていて「自分がいなくても回る」みたいな環境には、あまり魅力を感じなくて。

ーやっぱり、ベンチャーでもそこそこ拡大していると裁量権は小さくなるんでしょうか?

逆瀬川 基本的にはそうだと思っています。勢いのあるスタートアップは少数精鋭で、優秀な人も多いですし。だから、大企業からきた人材のためにポストがちゃんと用意されている、なんてことはなくて。大企業から早いタイミングで独立したり、いきなりスタートアップに入社して、創業期から相当な覚悟でやっている優秀な人たちが活躍していますから。

ーウォンテッドリーのような、上場前後の急成長スタートアップで働く魅力、得られるモノってなんでしょうか?

逆瀬川 自分で業務範囲を決めて、広げていけるというのが、圧倒的に魅力だと思います。ウォンテッドリーだと、「シゴトでココロオドル人をふやす」という理念に沿っていれば、何でもできます。
キャリアが浅いうちは、「打席(経験)の数」と「一打席の規模の大きさ」が大事になってくると思っていて、いろんな経験を抽象化してパターンとして吸収できる環境がいいと思います。
そういった意味で、優秀な仲間が周りにいて、規模の大きい経験を数多くこなせる環境があるということが、こういう会社の魅力かなと。

ー大きくて仕組み化の進んでいる会社だと、「打席(経験)の数」と「一打席の規模の大きさ」は担保されないんでしょうか?

逆瀬川 もちろん大企業の中でもそういった経験を積める会社はあるけれども、スタートアップ並みのスピード感で経験できるところは、そう多くないかなと思います。

上場前後のスタートアップで働くということ

ーなるほど。スタートアップでもいろんな規模のところがあります。もっと小さい20人、30人のとこもあるし、逆にもっと大きい100人200人のところもありますよね。その中で、上場前後のフェーズだからこそ面白いところは何でしょうか?

逆瀬川 ウォンテッドリー個別の話にもなってしまいますが、うちの会社はこれまでエンジニアドリブンでサービスを成長させて、堅実にユーザー数、売上を伸ばしてきました。だけど、ここからは、より一層ビジネス側を強化していく段階に入ります。サービスの伸びの角度を、もう一段階鋭い角度にしていく段階ですね。
今まさにそういうタイミングなので、ビジネスサイドは少数精鋭で業務範囲もかなり広いし、ここから100人200人組織に成長していくプロセスの最初に立ちあえるというのは、滅多にないおもしろい経験だと思います。

ーそういう経験は、他ではなかなかできないものですよね。

逆瀬川 200人規模のように大きくなると、細分化していることも多いだろうし。あと、今のウォンテッドリーのフェーズは、シニアの経験積んだメンバーも増えてきていて、とにかく優秀な人が多い。タイミングとして今学べることは多いと思います。

ー話を聞いていると、新卒で求められるレベルもかなり高いんだろうなと感じますが…実際どういうタイプが新卒で求められますか?

逆瀬川 自発的で、知的好奇心旺盛で、色々なことに興味を持てる人ですね。素直さ、地頭の良さも武器になります。今働いている新卒あがりのメンバーは、自立思考が強いので、よくも悪くも他人をあんまり気にしないタイプが多いですね(笑)

ーデジタルに強かったり、起業・ビジネス経験がないと新卒として価値を出すのが難しいのでは、と思ったりもするのですが….

逆瀬川 入る前に求められる経験は特にないです。スタートアップなので、新しいことを積極的に学んでいく姿勢が一番大事かなと。最初はみんな経験ないところから始めるので、そこは臆せずにどんどん飛び込んでほしいですね。特に一橋の人には。スタートアップに全然こないけれど(笑)

ー(笑)。でも逆瀬川さんが新卒だった頃と比べると、最近は増えてきていますよね。

逆瀬川 増えてますね。インターンにも一橋の子がいたりするし。

一橋生がデジタルやITに弱いのは、経験の範囲内でしか物事を考えられていないから

ー今後のビジョンを教えてください。

逆瀬川 名刺管理アプリ「Wantedly People」 (https://people.wantedly.com/)のビジネス責任者として、とにかくサービスをグロースさせて、それこそ来年には一橋生の4人に1人が使ってるようなサービスになればいいなと思っています。これまではアーリーアダプターへの普及の段階でしたが、キャズムを超えて一気にスケールさせていきたい。まずはそこをやりきりたいですね。

ー一橋生がデジタルやITに疎いことに関して、思うことってありますか?

逆瀬川 誰でも、経験の範囲内でしか物事を考える事はできません。英語を学ぶ機会があったから、海外行きたいと思うわけで、ITは勉強したことないから、やりたいと思わないのは普通なのかなと。
でも、現実に目をむけると、今の世界のトップ企業にはIT系が数多く名を連ねるし、中国などアジア諸国で圧倒的に伸びているのはIT系、デジタル系の企業です。ほとんどの一橋生は僕なんかよりも頭いいはずなので、もっとちゃんと世界をみて、冷静に判断して決めてほしいですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう